相模原にある某フットサルコートで大会に出場したときに、勝利を確率を少しでも上げるためにしていたことがあります。

それは、試合の数や勝ち上がってきたチーム、そして試合の時間を事前に大会方式のチェックしておくことです。

それでは、まず試合の数についてですが、大体フットサル大会で予選リーグがある場合には4チーム程度で行われる場合が多いのではないでしょうか。その4チーム程度で行われた予選リーグを行った後に、その予選に勝ち残ったチームで決勝トーナメントに進むはずです。決勝まで勝ち残る事が出来たチームなら大体7試合程度戦うことが出来るはずなので、どのくらいの数の試合をしなくちゃいけないのか、把握しておくことでコンディションの整え方は変わってくると思います。

その次に勝ち上がってきたチームについての確認ですが、大きめの大会だと予選リーグを突破して決勝トーナメントへの進出をしなければならないと思います。その大会によって勝ち上がり方は様々で、予選リーグを勝ち上がった1位のチームだけの場合もあれば、2位までのチームのところもあります。さらには、大会によってワイルドカード(いわゆる特別参加枠)のチームも入ってくることがあります。その勝ち上がるチーム数を把握しておくことも大切になってくることでしょう。

最後に試合時間ですが、フットサルの場合8~10分程度のところが多いと思います。その大会によって試合時間は異なってくるので、最初の試合でバテないためにも事前に試合時間は見ておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です